クリスティーン・キーンさんの娘、チャーリーちゃんは生まれたときから耳に障害を持っています。お母さんの声を聞いたことのないチャーリーちゃんが初めて補聴器を付けます。

「ハロー!愛してる!」と声を掛けるキーンさん。すると、チャーリーちゃんはお母さんの顔をじっと見つめ、くちびるを噛み締めて反応しました。

美しい親子愛に感動しますね。